当サイトは記事内に広告を含む場合があります

ミヨシ「無添加 白いせっけん」を3年間使用したレビュー【肌悩み減りました】

  • URLをコピーしました!

こんにちは、まい(@minib_mai)です。

スキンケアに純石鹸を取り入れて8年ほど経ちます。

ミヨシが気になるネコ

ミヨシのせっけんの使い心地ってどうなんだろ?
敏感肌でも安心して使えるのかな?

せっかく購入しても、肌に合わなかったら悲しいですよね。

そこでこの記事では、ミヨシの「無添加 白いせっけん」を3年間使用したレビューを書いています。

まい

実際にミヨシのせっけんを使い始めて、肌悩みがかなり解決したと実感しています!

白いせっけんの成分なども解説しているので、ぜひ純石鹸選びの参考にして下さい。

あわせて読みたい
純石鹸とは?原料の油脂と製法の違いを解説!おすすめ純石鹸も紹介 純石鹸って肌に良いらしいけど、他の石鹸と何が違うの?そういえば、今使ってる石鹸って純石鹸なのかな?う〜ん...純石鹸と他の石鹸の見分け方が知りたいなぁ。 純石鹸...
目次

ミヨシ「無添加 白いせっけん」とは

「無添加 白いせっけん」とは、ミヨシ石鹸株式会社が販売している固形純石鹸です。

ミヨシの公式サイトなどで紹介されている「無添加 白いせっけん」の成分や使用感についてまとめたので、参考にしてみて下さい。

「無添加 白いせっけん」の成分

商品名無添加 白いせっけん
成分牛脂脂肪酸Na、パーム核脂肪酸Na、
水、グリセリン、塩化Na
商品説明精製度の高いハイグレードな
食品用天然油脂を使用した、
丁寧な本釜焚き製法の純石けん。
たっぷり含まれたうるおい成分で
しっとり洗い上げる、
お肌にやさしい処方です。
製法本釜焚き製法(鹸化塩析法)
価格165円(税込)
内容量108g
公式サイト詳細を見る

多くの純石鹸が成分表記を「石ケン素地、水」「カリ石ケン素地、水」のみ表記しているのに対し、ミヨシの白いせっけんは脂肪酸レベルまで表記しているのが特徴です。

2019年にリニューアルをしており、牛脂成分のグレードを上げ、硬化牛脂にしたことで、泡がへたりにくく、溶け崩れしにくくなったそうです。

まい

3年以上使用していますが、浴槽に置いていても溶け崩れが早かったり、泡がへたりやすいと感じたことはないです

白いせっけんは乾燥する?

洗顔として使うときに気になることのひとつとして、洗顔後の乾燥がありますよね。

ミヨシの公式サイトに、白いせっけんの成分に使われている牛脂とパーム油がオススメな肌質についての使用感が説明されていました。

ステアリン酸やパルミチン酸という脂肪酸を多く含む、牛脂やパーム油を主体に造られた石鹸は皮脂を洗い落す力が高くなっています。

普通肌や脂性肌、乾燥性脂性肌の方で、しっかりと皮脂を洗い落したいという方には、牛脂やパーム油主体の無添加石鹸がおすすめです。

おすすめの無添加石鹸を紹介!選ぶときのポイントは?

これだけ見ると「皮脂を洗い落す力が高いってことは乾燥するの?」と思うかもしれません。

しかし、白いせっけんについて、以下のようにも書かれています。

精製度の高い、高品質な天然油脂をもとに造られた固形石鹸。

油脂由来の保湿成分であるグリセリンが程よく溶け込んでいるので、お肌をしっとりと洗い上げます。

おすすめの無添加石鹸を紹介!選ぶときのポイントは?

「結局どっち!?」と思いますよね。

私自身普通肌ですが、特に乾燥を感じたことはありません

しかし、乾燥肌の人はもしかしたら乾燥が気になるかもしれないので、肌の様子を見ながら使っていきましょう。

「無添加 白いせっけん」を1年以上使用したレビュー

「せっかく買ったのに思っていたのと違った」なんて後悔したくありませんよね。

3年間ミヨシの白いせっけんを使用していますが、かなり気に入っています。

気に入っている理由は主に2つです。

  • 敏感肌も安心して使える
  • 肌トラブルが減った

敏感肌も安心して使える

敏感肌の人は自分の肌に合うか気になりますよね。

私自身、少し敏感肌ですが肌トラブルもなく安心して使用しています。

まい

肌に合わない石けんを使うとすぐ肌荒れしますが、白いせっけんを使い始めてからほとんど荒れていません

しかも、白いせっけんひとつで顔から身体まで洗えるので一石二鳥です。

あわせて読みたい
【敏感肌OK】肌が圧倒的にきれいになったスキンケアアイテム3つ いろいろなスキンケア化粧品を試しているけど、なかなか肌がきれいにならないなぁ敏感肌用のスキンケアアイテムを使っても、しっくりこない。むしろ荒れているような......

香料が苦手なひとにもオススメ

使用感はすごくいいのに、香料が苦手で使えない」なんてことも、、。

白いせっけんは無香料なので、香料が苦手な人も安心して使えます!

初めて使う場合、石けん特有の匂いが気になる人もいるかもしれませんが、香料が含まれていないからこその素材の自然な匂いです。

3〜4日ほど使うと気にならなくなってきますよ。

肌トラブルが減った

私はメイク落としに白いせっけんを使っているのですが、肌がきれいになりました。

  • 頬の赤みが引いた
  • 毛穴が目立ちにくくなった

はじめは洗顔後の乾燥が気になるかもしれませんが、徐々に気にならなくなります。

まい

久々にクレンジングを使うと、ファンデだけでなく、肌に必要な水分も一緒に落ちてる感覚を感じるようになります

もし乾燥が気になるときは、いったん使用をやめるか、保湿をしっかりしましょう。

あわせて読みたい
【石鹸オフ歴8年】クレンジングしない!石鹸のみにしたら汚肌卒業できた ・敏感肌でクレンジングの刺激が気になる!石鹸洗顔にしたら肌に優しいの?・クレンジングを使わず石鹸のみで、本当にメイクは落ちるの?肌に残らないかな? 結論、クレ...

ポイントメイクは落ちないので注意

アイメイクなどのポイントメイクは白いせっけんでは落ちません。

白いせっけんで洗顔する前に、ポイントリムーバーで落としておきましょう。

私はビオデルマをアイメイクのみ使っていますが、肌トラブルもなく安心して使ってます。

>>ビオデルマを3年間使った感想

あわせて読みたい
ビオデルマのクレンジングは肌に悪い?3年以上使ったリアルな感想 ビオデルマのクレンジングが気になるけど、肌に悪いって本当?使っても大丈夫なので、使った人の感想を聞きたい こういった疑問を解決していきます。 本記事の内容 ビオ...

メイク落とし用のコットンは無印良品を使用。

クチコミが良いものも使ってみましたが、無印良品の方がフカフカで毛羽立ちにくく、優しくメイクオフできます。

>>なぜ石鹸オフメイクが落ちない?洗顔のコツとメイクが落ちないときの対処法

あわせて読みたい
なぜ石鹸オフメイクが落ちない?洗顔のコツとメイクが落ちないときの対処法 石鹸オフコスメなのにメイクが落ちないよダブル洗顔してもアイメイクは残ってるし、自分には石鹸オフ向いてないのかな? こういった疑問にお答えしていきます。 この記...

ミヨシ「無添加 白いせっけん」のよくある疑問

白いせっけんに関するよくある疑問と回答をまとめました。

  • 白いせっけんとショボン玉石けんどちらがおすすめ?
  • 固形と泡タイプの違いが知りたい
  • 「無添加 白いせっけん」を取り扱っているお店はどこ?

白いせっけんとショボン玉石けんどちらがおすすめ?

白いせっけんとシャボン玉石けんどちらを使おうか迷う人も多いと思います。

私もかなり迷いました(笑)

パッケージ

商品名無添加 白いせっけんショボン玉浴用
成分牛脂脂肪酸Na、パーム核脂肪酸Na、
水、グリセリン、塩化Na
石ケン素地
(牛脂、パーム核油)
商品説明精製度の高いハイグレードな
食品用天然油脂を使用した、
丁寧な本釜焚き製法の純石けん。
たっぷり含まれたうるおい成分で
しっとり洗い上げる、
お肌にやさしい処方です。
キメ細かく弾力のある泡立ちで、
やさしく汚れを落とします。
さっぱり洗えるのに洗い上がりはしっとり
製法本釜焚き製法(鹸化塩析法)釜炊き製法(鹸化塩析法)
価格165円(税込)143円(税込)
内容量108g100g
公式サイト詳細を見る詳細を見る

上の表と私の経験をもとに、以下比較してみました。

成分どちらも牛脂とパーム核油を主原料としています。
製法どちらも昔ながらの釜炊き製法で作られています。
手に入りやすさシャボン玉石けんの方が取扱店が多い印象です。
私の住んでる地域だけかもしれませんが、
白いせっけんを取り扱っているお店はかなり少ないです。
使用感成分も製法も同じためか、正直大きな違いは感じませんでした。
洗浄力ファンデもしっかり落とせ、洗顔後の乾燥もなく問題なく使えます。

どちらも大きな違いはないので、両方試すか、よく行くお店で見つけた方から購入してみてもいいと思います。

最終的に私は白いせっけんを選びました

理由は、ショボン玉石けんが肌に合わなかったからです。

ショボン玉石けんシリーズを1年以上使っていた時期がありますが、急に肌に合わない感じがし、使用をやめたら肌が落ち着きました。

いまだに原因は不明ですが、何かが合わなかったのでしょう…。

ただ、私に合わなかっただけで、白いせっけんよりシャボン玉石けんの方が肌に合うという人もいると思います。

シャボン玉石けんが肌に合っていれば、今も使用していたと思います。(むしろ使いたい)

両方使ってみて自分の肌に合う方を使用しましょう!

固形と泡タイプの違いが知りたい

 ミヨシには固形の白い石けんの他に「無添加 泡の洗顔せっけん」という泡で出てくる商品があります。

¥511 (2022/01/24 01:55時点 | Amazon調べ)
商品名無添加 泡の洗顔せっけん
成分水、ラウリン酸K、ミリスチン酸K、
パルミチン酸K、ステアリン酸K
商品説明きめ細かなクリーミィな泡で
デリケートなお肌を包み込み、
やさしく洗い上げるフォーム状の洗顔石けん。
汚れや余分な皮脂はすっきり落とし、
必要なうるおいはしっかり残します。
お肌の弱い方や敏感肌の方におすすめです。
内容量200ml
価格682円(税込)
公式サイト詳細を見る

白いせっけんと同様、泡の洗顔石けんでもメイクを落とせます

白いせっけんとの違い
  • 固形タイプよりも洗い上がりがしっとりしている
  • 泡が細かくへたらない

「泡を作るのが面倒」「時間を節約したい」のであれば、白いせっけんより泡の洗顔せっけんが使いやすいかもしれません。

成分にカタカナが多いけど純石鹸

「成分にカタカナが多いから純石鹸じゃないんじゃないの?」

不安になるかもしれませんが、純石鹸に間違いないのでご安心を!

ミヨシは原料由来の脂肪酸レベルまで成分表記しているので、別の成分もふくまれているように見えているだけなんです。

固形の白いせっけん同様、安心して使用できます。

朝洗顔で使ってる人が多い

  口コミを見ると、朝洗顔で使用している人が多いようです。

参考:@cosme

ポンプ式で楽に泡が作れるので、忙しい朝の洗顔にピッタリですね!

「無添加 白いせっけん」を取り扱っているお店はどこ?

使いたいと思ったら、できるだけ早く購入したいですよね。

白いせっけんは、以下のお店で取扱していることが多いです。

  • イオンなどのスーパー
  • ドラッグストア
  • ネット通販

しかし、シャボン玉石けんなどと比べると、取り扱っているお店が少ないイメージです。

私は東急ハンズやスーパーで購入しています。

どうしても見つからない場合、送料はかかりますが通販を活用しましょう。

コンビニで取り扱っていることもある

意外とドラッグストアより、コンビニで取り扱っていることもあるようです。

参考:@cosme

コンビニに立ち寄る際に、探してみてもいいかもしれませんね!

まとめ

この記事では、ミヨシの「無添加 白いせっけん」の成分や3年間使用したレビューを解説しました。

最後に重要なポイントをおさらいしておきましょう。

  • 白いせっけんの成分の「牛脂とパーム核油」と普通な肌や脂性肌、乾燥性脂性肌のしっかりと皮脂を洗い落としたい人にオススメ
  • しっかりと皮脂を落とす=乾燥するとは限らない(乾燥肌の人は肌と相談しながら使用がオススメ)
  • 敏感でも安心して使える
  • 肌に合っていると、頬の赤みや毛穴などの肌トラブルを減らせる

精製度の高いハイグレードな食品用天然油脂が使用されているので、安心して使えるのが魅力です。

どの純石鹸を使おうか迷ってる人は、ぜひミヨシの白いせっけんを使ってみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次